ブログ


ヘルパーステーション そらいろ

せいか祭り de 紅葉

d0227066_21310472.jpg 京都府南部の精華町にある『けいはんな記念公園』にやって来ました。 この公園で開催される『せいか祭り』に参加する為にやって来ました。 コンサートや模擬店などが出るとのことで楽しみに向かいました。 最寄駅からは無料シャトルバスが運行されており、アクセスも良かったです。 d0227066_21421173.jpg 会場は多くの人で賑わっていました。 少し風が寒かったですが、散策していると温まります。 本日、無料開放されていた水景園へも足を運びました。 綺麗な庭園の紅葉を見て、秋を感じる事ができました。 d0227066_21474193.jpg のんびりとした秋の一日となったのではないでしょうか。
>> 続きを読む

目に見えないものを説明

d0227066_22410655.jpg 本日、スタッフに事務所のパソコンとクラウドについて説明を行いました。 そらいろは小さな事業所ですが、職員用パソコンは5台あります。 データはクラウド上に保存しています。 ちょっと今っぽいですよね。 『Box』というクラウドに大半のデータがあり、そこへアクセスします。 複数のパソコンで共有のデータを使えるというメリットがあります。 スマホやタブレットからもアクセスできるので、外にいても確認、編集する事もできます。 実は職員用iPadもあります。 そんな便利なシステムを新たに事務を行うスタッフへ説明をする時には、必ずイラストで描いて伝えるようにしています。 『クラウド』というものは、目に見えません。 おそらく、何処かの国のビル内にあるスーパーコンピュータの中にあるのでしょうが・・・ 目の前にないものを説明する事は、とても難しいです。 「クラウドにアップロードする、ダウンロードする」と言っても、目の前で何かが起こる訳ではないです。 どういう仕組みなのか詳しくは分かりませんが、何となくなら説明できます。 その何となくをイラストにしたのが上の図です。 この図だけ見ても、何のことか分かりませんが・・・ とにかく、視覚的に整理して伝えると分かりやすいという事です。 「目で見て分かる」 「後で確認できる」 これが大切ですね。 職場環境も視覚的構造化が必要だという事ですね。
>> 続きを読む

車イスを押して行く

d0227066_20494981.jpg 夕日に照らされて堤防の坂を登る利用者さん。 車イスを押しています。 車イスに載せているのは自分のカバンとお気に入りのタオルです。 事務所から近くの堤防へ散歩に行きました。 車イスに乗ったり、押したり、置いて行ったりしながら散歩を楽しみました。 d0227066_20545145.jpg 「自分で押して、偉いねえ」と道行く人から声をかけられました。 使っているのは事務所に置いている予備の車イスです。 他事業所の方から譲ってもらいました。 遊び道具として使ってしまって良いのか悩むところですが・・・ 散歩の補助具として活躍しています。 疲れたら座る事も出来ますので、思い切って遠くまでも行く事もできます。 夕焼けに照らされた堤防を散策して事務所に戻りました。 アグレッシブな放課後タイムでした。
>> 続きを読む


Facebook


ゆう・さぽーと ページ

そらいろ ページ

空色 ページ


Twitter



Google+