ブログ


ヘルパーステーション そらいろ

サービス管理責任者等更新研修

d0227066_18195502.jpg 本日、サービス管理責任者等更新研修にファシリテーターとして参加させていただきました。 受講生には諸先輩方もおられましたので、私がグループワークのサポートをさせていただくことは畏れ多いことでした。 現任のサービス管理責任者の方々が現場で感じられている課題の共有や整理、解決に向けてのグループワークが中心でした。 ベテランの方も多く、討議の進行も順調でしたので、ファシリテーターとしては演習内容の説明補助などをさせていただきました。 サービス管理責任者としての課題としては、個別支援計画に関する事、人材不足や育成に関する事、記録の管理や会議の持ち方、福祉の理念まで様々出てきました。 共通して出てくる課題は人材に関するところです。 人材不足は福祉業界全体の課題です。 障がい福祉分野の魅力発信、職場環境の改善、研修機会など具体的な課題は多くあります。 演習では、出された課題を分類して改善策を考え深めていくというものでした。 日常業務に追われている中では、なかなか自身の業務を振り返る機会を持つことは難しいかと思います。 他法人の同立場の方々と意見交換できる場は貴重だったのではないでしょうか。 ファシリテーターとして関わらせていただきながら、自分も議論に入りたいなと感じてウズウズしてしまいました。 『ニヤリハット』『グッドジョブBOX』など職場環境の改善に繋がる手法についても話されており、とても勉強になりました。 スタッフ間で『良かった仕事』について挙げるというものだそうです。 『良い仕事』については、ついつい見過ごしてしまいがちでしたので、そこを全体で共有できるというのは素晴らしい事だと思います。 『報告書=ネガティヴ』というイメージも払拭できますし。 個別支援計画については「作成しているけれど実際の支援に活かしきれていない」という課題が多く、支援スタッフで共有する事の難しさも感じました。 「対応に困った時は個別支援計画に還る」という意見も出され、私自身の気付きにもなりました。 個別支援計画を形骸化しない為には、『使える計画書』である事も必要だと感じました。 どんな支援事業所においても個別支援計画は支援の中心に置いて考えていきたいですね。 今年度からサービス管理責任者研修のファシリテーターとして参加させていただきました。 私自身の力不足もあり事務局や他講師陣の皆様にはご迷惑をおかけしていますが、私自身は大きく成長できたと思います。 来年度もお声かけいただけるよう、日々精進したいと思います。
>> 続きを読む

冬のボーナス

本日、ささやかながら冬のボーナスを出させていただきました。いつも頑張って支えてくれているスタッフへの気持ちです。 「気持ちです」と書けば美談みたいですが、雇用契約で定めている給与ですから支払える時には出して当然なのではありますが。 毎年、冬のボーナスが出せるかどうかが悩みの種ではあります。 夏のボーナスよりは支給額が高いということもありますし。 毎月の売り上げを気にしながら、原資を貯めていました。 無事に支給できて、肩の荷が下りました。 無事に年を越せそうです。 売り上げを伸ばすことだけが我々の目的ではないのですが、法人理念を達成する為にはヘルパーの力が必要です。 長く働いてもらう為には、しっかりとした処遇が必須となります。 働きやすく働き甲斐がある職場を目指して、バージョンアップを繰り返したいと思います。 スタッフの皆様、いつもありがとうございます。
>> 続きを読む

千本釈迦堂の大根だき

d0227066_22472985.jpg 本日、京都市内の千本釈迦堂にて大根だきを食べられました。 年中行事である『大根だき供養』が催されていました。 無病息災を願って多くの人が参拝される行事のようです。 寒い時期に炊いた大根は身体の芯まで温めてくれますね。 d0227066_22473050.jpg シンプルに大根と揚げのみです。 これが一番美味しいんですね。 冬の京都も魅力たっぷりです。 底冷えする盆地の寒さはありますが、歴史ある街は良いものですね。 美味しいものを囲むと人の心も和みます。 令和元年を良い年で締めくくれそうですね。
>> 続きを読む


Facebook


ゆう・さぽーと ページ

そらいろ ページ

空色 ページ


Twitter



Google+